本文へスキップ

地域作業所わくわくわーくは「盲ろう」という世界を大切に考えています。 wakuwakuwa-ku

活動内容report

NPO法人わくわくわーく 地域作業所わくわくわーく 活動内容

活動報告写真

作業所は火曜日から土曜日までの5日間、9時半〜15時まで開所しています。作業所自主製品(裂き布草履や織り布製品など)の製作、下請け仕事のほか、クラブ活動(運動クラブ、手話クラブ)、レクリエーションなど通所者の意見を取り入れながら活動をしています。


NPO法人わくわくわーく 地域作業所わくわくわーく 自主製品について

活動報告写真

地域作業所わくわくわーくで作っている自主製品を紹介します。
裂き布草履、織り布製品、,封筒製品(点字用紙再利用)などがあります。くわしくはこちら
ご注文はfax、電話、メールにて賜ります。草履についてはサイズ、色(暖色系、寒色系など)のご希望をお知らせください。


NPO法人わくわくわーく 地域作業所わくわくわーく 近況報告1

日帰りバス旅行
 6月19日(水)毎年恒例のバス旅行に行きました。今年は千葉県の鋸山と枇杷が美味しい道の駅で枇杷パフェや大きな枇杷を堪能しました。鋸山ではコースを二つに分け、最も高い場所、「地獄のぞき」まで挑戦するグループと日本一大きな大仏を見学するグループに分かれました。地獄のぞきまで行ったグループは「階段が多くて大変だった!」と言いながらも脱落者なく皆地獄を覗いたようです。大仏グループはあまりの大きさに触る事も出来ず見え辛い方は30mってどのくらい?と想像し、ボランティアや職員は説明するのに苦労してました。遠くに海も見え紫陽花も盛りで気持ちの良い一日を過ごしました。